時が導く方へと

移りゆく儚い世界をちょっとでも長くみていたいから。

廉くんに伝えたいこと

ずっとずっと関西にいる廉くんしか認めたくなかった。けど、最近東京で廉くんが頑張ってると思えばその環境に文句つける権利もなにもないんだと思い知らされた。

廉くんがちょっと変わったのもを変わらざるを得なかったからだと思う。

キンプリ自体も全然嫌いじゃないし、6人好きやけど、廉くんとはちょっと違って非常識なところもあるかもしれない。それをブレーキかける役をやってて、廉くんが廉くんらしく自由じゃなくなってるのかもしれない。けど廉くんのその常識的な考え方が本当に好きだ。ナチュラルな廉くんを見ることが少なくなった私にとればやっぱり東京のせいだと思ってしまう。けど廉くんは廉くんなりにそこで頑張ってるからこそ今を応援してあげないといけないのかなぁと思う。

廉くんのプライベートが流出しようがしまいが廉くんにはなるべく普通の18.19歳でいてほしい。常識ある廉くんでいてほしい。冷静な廉くんでいてほしい。でもナチュラルな廉くんをさらけ出せるところもあってほしい。

廉くんの夏休みの思い出がレッスン場からみた花火っていうのがとても心苦しかった。

きっともっといっぱい遊びたいはずやしもっといっぱい普通の大学生活を送りたかったはず。

けど私たちの前でアイドルを楽しんでる姿を見せてくれて本当に廉くんは素敵やなぁと思う。

廉くんの幸せがちっぽけなものでも廉くんが素直に自分を表すことができなくても廉くんの思い描く幸せがいつでも叶えられるようないつでも投げ出されるようないつでも帰ってこれるような場所があるということを忘れないでほしいな。