時が導く方へと

移りゆく儚い世界をちょっとでも長くみていたいから。

ジャニーズワールド

紫耀くんと廉くんは覚えてるかな??

 

初めて始まったジャニーズワールド。Hey!Say!JUMPが座長やっていま思えば1番豪華で1番ロング公演やった。

 

その取材にまいジャニが行って6人どうしたらいいんやって感じでアタフタしてるのがまた可愛い。

紫耀くんと廉くんはそのとき自分にはまだまだ届かんと思ってたやろうけどそのあと1.2年したらもう出てて、すぐに紫耀くんはその舞台の座長までやってて。

 

これから想像できひんほど上まで上り詰めていくんやろなぁと思う。

寂しいけど出発点が関西で帰ってくるとこが関西にあるってことを忘れんといてほしいな。

もう関西ジュニアに戻ってくるのとは思ってないけど紫耀くんなら関西ジュニアやったときのファンも待ってるファンもみんな幸せにしてくれそうな気がする。

 

これからも希望と夢を与えてね。 

まいジャニ(´・_・`)

一言一言が大切に感じる。

いままで当たり前やった景色が当たり前じゃなくなってまいジャニに平野がいることの大切さを感じた。

登場からまいジャニの過去の映像流れてきて1年前の7月やのにこの1年で大きく変わってしまって辛いなぁと思う。

けどまいジャニメンバーはそんなことも気にしてなくていつも通りのノリがあってそういう関西ジュニアを好きやとまた思わされた(´・_・`)

 

西畑が『元々間やからね』って言うた時それは関西ジュニアにいた時から感じてたのか東京行ってから振り返ってみたらそれを気付いたのか行ったから言い聞かせるためにそう言ってたのよくわからんけど色々と考えちゃうな。

 

平野が座長で背負ったのも梅田の公演の前に切り替えれたのも平野の大きさと才能の凄さを感じる。結局平野はジュニアの頂点を取る運命やったんやなと最近感じる。

 

トークの時真ん中にいい椅子で座ってたのに全然座長感なくてちょっと小さくなって座ってる姿をみて東京行っても変わらない姿があって嬉しかったな。

 

東西の間にいても関西といつも通りのノリで天然でかわいいのが残ってて関ジュのみんなが寂しいけど頑張ってほしい、東京行っても変わらずに頑張ってほしいって言えた意味が分かった気がする。

 

ちびりゅが『怖い怖い怖い怖い』って冗談で言えるのとかもういつも通りでほんま嬉しい。

 

そんなことないでしょ、バカチンが

ってみんなに誰に言うてんねんっていう総ツッコミがほんまに大好きで…

 

 

舞台の映像流れても座長やから当たり前やけど真ん中にいてトップであって輝いてて最年少座長と思えへんぐらいの出来があってすごいなと思った。元々才能のかたまりやしジュニアのトップに一瞬で立ててしまったし東京行ってすぐに関西を繋ぐ大きい舞台をやって恩返しかのような形で戻ってきて、いまじゃ関西ジュニアでいたことがもう幻のように感じるけど平野紫耀の原点が関西であったことを誇らしく思う。

ジュニアなんてすぐ変わってしまうしどうなるかわからんけどこれかも関西ジュニアと変わらない関係でいてほしいし、平野紫耀がトップであり続けてほしい。

 

また関西と共演できたらいいね。

いつまでもちょっとなまった喋り方で可愛いくて康二くんに可愛がられて天然で、でもライト浴びるとキラキラ輝いてて、めっちゃすごい人やのに全然すごいと思ってなくてなんでも楽しんでやってる紫耀くんでいてね。

 

頑張れ。紫耀くん?

普通の男

久しぶりに廉くんを思い出しました。

ずっと心の中にはいたけど色々振り返ったり…

関ジュのときのを見たり…

 

まだ中学生の廉くんは素人感満載でただの男の子。東京行ってから松竹よりもたくさん入る会場で多くのファンを背負って立ってる姿みたら廉くんしんどくないんかな?ってふと思いました。廉くんはかっこいいしアイドルやけどどこか普通の男の子なのに東京行ってから普通の男の子じゃやっていけないとこがあって、この子の未来は普通じゃないんやろなぁと思うとどうにかしてあげたいと思うけどどうにもできなくて…

 

ここまできたらジュニア辞めるとなっても大変なわけでもう普通の生活が戻ってこうへんと思うと廉くんはすごい世界に飛び込んだなと。

 

廉くんには普通の幸せがあってほしい。

普通の男の子として生きてほしい。

いまこのジュニアの生活が本人が楽しいならいいけど私のフィルターかもしれへんけどどこか寂しそうに見える。これは関西戻ってきても消えることがない気がする。

 

 

1度上り詰めてしまったとこから降りるのって大変よな。廉くんが背負ってるものを下すときっていろんなものを犠牲になるよな。

でも私はいろんなものを犠牲にしてまでも廉くんは自分が思う幸せを貫いてほしい。

永瀬廉くんに恋して4年。

今日10/3で廉くんに恋して4年なりました。

色々と思うことがたくさんある4年でした。

 

 

出会いはまいじゃに初回放送日。

もともと7WESTから始まり関西ジュニアは好きで緩くファンでした。

同時に同じ部活の子がSexy Zoneが好きでゲストに出るから見てという事で見ました。

そこから私の全青春と全恋愛と全生活が廉くん中心になってしまいました。

 

 

 

そこから半年ほど経ち2013年。

 

JW感謝祭でオープンニングを飾ったまいじゃにメンバーたち。

関ジュコーナもJWも豪華なステージ。

掛け持ち(というかメインのヲタク)であるHey!Say!JUMPのバックにまだ関ジュが付いていました。

京セラドームで目の前にまいじゃにメンバーが来たり関ジュの歌を歌ったりと立て続けに関ジュくんとの思い出が増えていくばかり。

 

 

詳しいことは全部は覚えてないからサラッと(笑)

まいじゃに魂は外れて行けず…

もちろん松竹座には何度も足を運びました。

 

でも最後に会ったのは2014年を12/17クリパ

このクリパも落選しまくって残ったのがこの日だけ。大好きな廉くんの姿があって大好きな6人がいて…

まさかこのときはこの光景が二度と見れないものだなんて思いもしてませんでした。

春は全滅して行けず…平野くんも出演せず…金内くんも退所という考えてもいないことが起こりその場に行けなかった自分を悔やみました。

無理やりでも行けばよかったって未だに後悔してます。正直夏もすぐあるしと思ってました。

 

このときに関ジュの次はどうなるかわからないということを痛感しました。

 

この春を機に廉くんにとって怒涛の毎日が始まりました。正直なんで大阪で会えへんの?なんで東京なんかいくん?DREAM BOYSってなに?しょうもない!って毎日思ってたし辛くて泣く毎日で何見ても泣いてしまってなんで東京で露出増えてるん?おかしない?って思う毎日。

私は廉くんが東京で活躍することを一切受け入れず全くコンサートや舞台の情報を知らずのままです。東京で活躍する姿を見に行くことは東京ジュニアとしての永瀬廉を認めたことになるからまだ私は1回も行ったことがありません。

 

大学受験

正直勝手な推測やけど大阪におるときは多分ここ行くやろなという目星はついてました。

私立やって廉くんの中学からの勉強の感じとか高校での感じとかから多分こことまさかここかな?という二択でした。

私も合わせたわけではなく最初から私立の大学でその2つに絞ってました。

廉くんもそこに行く程で勝手に妄想を膨らましてましたがまさかの東京という想定外にちょっぴりやる気がなくなった私。同い年を応援するということはこういうことも起こるわけで正直大阪にいたから一緒の大学行けてたかなぁと思う。まだ0.00000000001%の可能性で大学で関西戻ってこうへんかなと思ってる。

でも無理なんもわかってるから私は大学入ったら廉くんとのこの恋を終わりにしようと思う。

 

 

廉くんが東京に行った時からこんな辛いのは嫌やから絶対高校生の間までしか好きでいないと決めてました。やめれそうにないけど絶対辞める。

 

けど、好きになって最近はしんどいことばっかやったけどいま振り返ると最初は本当に頑張る糧で、同い年して刺激をくれる存在で、時には必要以上に近く感じてしまって青春を捨ててしまったとこもあるけど(笑)

見るたんびに廉くんに気づいてもらえるように可愛くなりたい!とか見た目だけじゃなくて勉強もちゃんとして中身も外見も磨きたいと思えたし、廉くんが中間テストクラス2位やったときに、忙しいのにすごいなと思って自分なんて暇やのに2位も取れへんし廉くん見習って頑張ろうって何回も思ったし、いままで学校の子を好きになったこともあったけどやっぱり廉くんより好きになった人は出会えなくて、絶対同じ大学行ってちょっとでも近くにちょっとでも気づいてほしいって思ってた。ずっと続くと思ってた大阪生活がなくなって、

東京行ったときはほんまに嫌いになってやろうと思ったけどなれなくて、どんどんかっこよくなっていくのと同時にどんどん増えていくファン。関西時代を知らんファンが増えて行って関西で待ってるファンはなかなか会えなくなって…ちゃんと勉強してたのに高校も全日制じゃなくなって(?)大好きは廉くんの姿は変わってしまったけどたまに出してくれる変わらない廉くんの姿と関西を想う気持ちとかファンを想う気持ちとか、期待以上にファンに優しいとことか遠くてもやっぱり変わらない廉くんがいてどうしても嫌いになれへんかった。

最近は努力してるのが前面に出てるしチャラいのに真面目で努力家ですぐ悩むくせに寝たら忘れるとか言っちゃうし左利きやし身長も175まで伸びちゃったし指輪もネックレスも付けだしちゃうけど何しても私のドンピシャのタイプであることには変わりません。

 

廉くんは関西のトップで走り抜けて欲しかった。過剰な仕事の量とか過剰な期待に苦しんでほしくなかった。キラキラアイドルやのにどっか普通の男の子であってほしかった。大好きなお友達と大好きな学校の食堂で昼休みを楽しみに高校行ってほしかった。

色々と思うことはあるけど同じ高校3年生としてそう簡単に現実が変わらんこともわかるし自分で大人を動かすことも無理やし思ってるとこが100%通らない現実なのもよくわかる。だから私はちょっとでも廉くんが幸せになってくれて、1回でも多く笑えて楽しいと思える日々を願います。

 

 

4年の日々の半分ぐらいは東京やし辛くて受け入れられない日々やったけど本当は幸せが溢れてたし絶対全永瀬担の中で廉くんを想う気持ちは誰にも負けてなかったと思う。

言葉にはできないほどの感謝と思い出とある意味いい青春をくれてありがとう。

これからもずっとタイプであって逃げられへんし大好きな存在には変わりません。

でも今年高校を卒業するときに廉くんからちょっと離れようかなと思ってます。決して嫌いになるわけじゃないよ。自分の違う幸せを見つけたいだけ。恋して5年の10/3は迎えられへん気がするから今回たくさん思いを書きました。

こんなちょっとじゃ足りないぐらい想いはたくさんあって本当に大好きな存在で関西での思い出しかないけどその思い出は一生誰にも変えられない思い出でこれからも史上最強の男です☺︎

 

これからもずっとキラキラしてて普通の幸せが廉くんに訪れますように。

Mr.KINGと関西ジュニア

 

 

 

毎度毎度同じようなネタで申し訳ない。

 

 

 

ただずっと言いたかったことは

Mr.KINGは天才と努力でできてる実力派という解釈がどうも気に入らない。

 

 

 

関西ジュニアにいた平野と永瀬は関西ジュニアの頃から秀でてるものがあった。

 

 

 

ただMr.KINGができたことで実力以上のステージを用意してもらって人が開いてくれた道を人が敷いてくれたレールを自分という電車を運転してるだけで要は基盤となるものを作ってもらったのは他人。

 

 

 

 

関西ジュニアは実力があっても毎年ある意味安定したステージを用意され自分たちの演出を最大限披露する。

誰も開いてくれないレールも敷いてない、なんなら電車もないような状態で前に進んでるのが関西ジュニア。なにをするにも自らつかみに行かないといけない。

 

 

 

 

 

だからMr.KINGやキンプリが評価されてるのは実力じゃない気がする。虚像。だれか見知らぬ大人が作り上げてここまで来たようなものにしか見えない。周りが過大評価しすぎ。

ただ天才2人と普通の永瀬という状態で努力して苦労してたのはファンとして知ってる。

東京の努力は消えていかないようにする努力で

関西の努力は輝くための努力。

 

 

 

 

 

だから関西ジュニアが劣ってるだの東京ジュニアが勢いあるだのそもそも同じ天秤に乗ってないねんから評価しようがない。

 

 

 

何が言いたいかって関西ジュニアは最高だということ。もっと関西ジュニアがメディアから評価されてほしいということ。

平野が東京ジュニアかで荒れてる件

 

 

先に述べておくが私はもうどっちでもいい。

そら関西にいたほうがいいけど平野が帰ってきたとこで金内はいないし、元の勢いの関西ジュニアが戻ってくる可能性も感じられない。

ここまでファンが求めても叶わんということはもう時の流れに任せるしかないということで私自身関西か東京かの問題はもう諦めてる。

 

 

 

 

 

ただ平野が『いまは東京ジュニアです』という発言に東京ジュニアじゃないよっていう意見はおかしい。

だって東京ジュニアであることは事実。

仮に純粋な東京ジュニアじゃなかったとしても少なくとも今は関西ジュニアではない。

 

 

菊池の『そもそも東京ジュニアかっていう問題』っていう発言は逆に関西担からすれば嬉しいことじゃないの???まだそういう曖昧な認識を持ってくれてる人がいてありがたいことじゃないの???

 

 

小瀧の『魂売ったな』は酷いかもしれへんけどある意味事実なとこもあるかもしれへんやん。未成年やしジュニアやし前まで名古屋から大阪通っててんならなんぼでも関西にしようとしたらできたかもしれへんのに東京いっちゃったからね。一般の関西人でも関西愛は強いからね。

 WESTがずっと大阪大阪、関西関西言うてくれてたのに出て行った平野のことは複雑なものに映ってるのは事実やろ。

そもそも関西担とか関ジュサイドは魂売ったと思われても仕方ない。仮にほんまに親の都合やったとしても。

関西ジュニアを作り築き上げて10年も色々抱えながらBADを始め色んな人が守ってきて、ようやく軌道に乗ってきてデビューしたあとに直接バトンをもらったまいじゃにメンバーはそのバトンを持って走らんかったから。

そら全員が走りたかったはず。関西ジュニアで頂点取りたかったはず。でもこれができなかった理由に平野と永瀬は少なくとも関わってる。

本人たちは自分らがこういう運命に変えていったとどれほどわかってるんやろう…

 

私はどっちにしろ大好きなのは永瀬であって平野も大好きやけど結局は残された関西ジュニアを応援したいと思う。

 

 

 

 本題は、

なにより橋本の『それはお前の都合だろ』っていう発言が1番問題やと思う。

確かに本人の都合やったかもしれへん。

東京ジュニアの平野紫耀が好きな人にとればいつまでも関西のこと小出しにしてウザいと思うかもしれへんからお前の都合で東京に来たっていう発言にはよ割り切れっていう意味で拍手が起こるかもしれへんけど、関西担にとれば気づいててても気づきたくなかったことで、本当であってもウソであってもこの件が笑いにできるほどいまの関西ジュニアも処理しきれてないし、まだデビューしてない限り希望を持ってる人がいるねんからその発言はどうかと思う。

ていうか、ジュニア相手に答えられへんような状況にトドメ刺す発言をしたことが1番の最低やわ。

 

 

 

 

 

そのあとの照史くんの発言やっぱりトップで走り続けてきて関西ジュニアの頂点であるだけの心の広さもあり、苦労してきたから言えた発言やったと思う。

あの言葉でその場にいた人はみんな救われたんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

ここからは超個人的意見やけど、

人のこと言う前にABC-Zこそデビューしてんねんからもっとちゃんとしっかりすれば?と思う。平野らに抜かされてるようじゃまだまだやろ。

人の東京か関西とかいういざこざの前にデビュー組としての今の状況を打破しようと思わへんの?って思う。

みんなデビューしたらさっさと少クラ卒業してんのにこれしか仕事ないからっていつまでもジュニアと戯れてる場合違うやろって思う。

 

 

 

別に今回平野が餌食になったからこういうことを言ってるんじゃなくて元々気になってたこと。

 

 

そろそろこの関西関東説、もう決着はついてるねんから本人の口からはっきり言えばいいのにって思う。

平野も永瀬も普通のジュニアと違ってトップに立つ人間やねんから、複雑な気持ちを抱えたままのファンがいて、関西戻ってきてほしいって言われ続けてるような環境で上に登りつめていくよりも全部言ってそれで理解してくれたファンを抱えて、関西担からも応援してもらえるような環境で上に登りつめていったほうが気持ちいいと思うよ。 

 

関西ジュニアの在り方。

どんな時代が来ても

頂点にBADがいて次に7WESTがいて、それに続くジュニアがたくさんいる。

 

直接的にバトン受け取ったまいジャニメンバーはちゃんと受け取ったバトンを持って走るべきだったよ。

今は形は違いながらも走ってるけどいつかまた一緒に走ることができたらいいね。

 

 

 

2013から3年経った今回は少し関西ジュニアに希望が持てるものでした。

なんかちょっと嬉しかったし頑張って2013年でも見てみようかな。

 

 

 

ここ2年のin大阪はなにか物足りなく満足いきませんでした。

in大阪が東京に侵食されたのは関ジュに問題があるんじゃなくて東京のデビュー組に勢いがなくなっただけ。

 

何も、意味はないけど永瀬たちもいなくなって、大好きだった関西ジュニアの在り方が変わってしまって、2013を観たくても観れない時が続いたけど、今回のin大阪をみてちょっと戻ってみようと思います。多分泣くやろうし、なんでって思うやろうし、やっぱりこうであってほしいと思うのには変わりないけど久しぶりに。

 

 

 

またヒマやったら感想でもがこう。